『六花亭』の北海道命名150年記念つぶ餡をパイで包んだ「北加伊道」食べた

和菓子

2018年3月発売

2018年は北海道命名150年

8月5日には記念式典も行われました

六花亭は北海道命名百五十年を記念してお菓子を発売しました

パッケージには逆さまの北海道の地図が描かれています

逆さ北海道地図
逆さ北海道地図

北加伊道と書いて「ほっかいどう」と読みます

北加伊道は、北海道と命名される際に候補とあがったもののひとつ

加伊の字違いですね

つぶ餡をパイで包んだお菓子

開けた瞬間、小さいと思ったけれど厚みがありました

形は四角、パイ生地の中につぶあんが入ったお菓子です

5cm角、厚み2cm

厚みのあるパイ菓子
厚みのあるパイ菓子

座布団みたいな形をしています

パイ生地は薄めでしっとり

しっかり焼き上げられていて香ばしいです

パイの焼き色いい
パイの焼き色いい

厚みがあって食べ応えあります

半分に割ってみると

つぶ餡の色は薄めでつぶが少なめに見えます

食べてみると餡がうまい

中味はつぶ餡
中味はつぶ餡

とけるように粉々になる感じ

​つぶ餡のわりに食感も味もまろやか

どこかでみたようなお菓子

小豆餡をパイで包んだお菓子ってだけで

千秋庵のノースマンを思いだします

といってもいいのかなあ〜

あちらはこしあんだったっけ

六花亭の歴史を考えると微妙ですね

六花亭は元帯広千秋庵

過去に何度書いた記憶があるので

今日はやめておきます

だた六花亭が、北海道の歴史の記念のお菓子に

こういうのつくるのって何か考え深いものを感じます

千秋庵も六花亭も北海道を代表するお菓子屋さんです

どちらにもおいしいお菓子たくさん作ってほしいです!

エネルギー量について

不明です。

原材料名
原材料名

価格について

税込120円