セブンで購入『テオブロマコレクション』の本格高級チョコ「トリュフショコラ」食べた

『テオブロマコレクション』の「トリュフショコラ」チョコレート
『テオブロマコレクション』の「トリュフショコラ」

セブンのバレンタイン

SEVEN’S Chocolate Wonderland‐ Brand collaboration

で購入しました!

サロン・デュ・ショコラにも出展されているテオブロマのチョコトリュフです

パッケージは

お値段安い分、高級感はあまりなく

セバスチャン・ブイエのものと同程度

セブンで購入『グテbyセバスチャン・ブイエ』の「フリュイショコラ」食べたhttps://www.chocotochoco.com/chocolate/seveneleven-fruitschocolat

エンボス加工された色濃いめの茶色なので安っぽくは見えないです

手触りがアレで厚みもないです

『テオブロマコレクション』の「トリュフショコラ」のパッケージ
『テオブロマコレクション』の「トリュフショコラ」のパッケージ

中身のチョコには関係ないから全然OK

何度も言うけれど、紙は食べられないのでね

高級な箱だと捨てられなくなるので逆にいいかも!?

箱をあけると、6個まとめて袋に入っていました

『テオブロマコレクション』の「トリュフショコラ」6個入り
『テオブロマコレクション』の「トリュフショコラ」6個入り

ミルクプラリネとビターオレンジ

味は2種類です

色の薄い方がミルクプラリネ

色の濃い方がビターオレンジ

『テオブロマコレクション』の「トリュフショコラ」の外観
『テオブロマコレクション』の「トリュフショコラ」の外観

大きさは直径3cm弱のボール状

表面にココアパウダーがまぶしてあって

いかにもトリュフです

一応断面を見ると

まず切るときに異常にかたい

板チョコを切るときみたいに、手ごたえがありました

『テオブロマコレクション』の「トリュフショコラ」の断面
『テオブロマコレクション』の「トリュフショコラ」の断面

ガナッシュに達すると少し柔らかくなるはずなのにそれもなく

途中かたパキっと割れました

で、断面は、外側のコーティングのチョコが厚みある

そりゃ切れないです

中のガナッシュもかためなのかな、なめらかなクリーミーさがありません

ふつうのチョコっぽい

ミルクプラリネとビターオレンジの両方とも割ってみたのですが

ほぼ一緒で違いがわからないので

ミルクプラリネの断面のみです

ミルクプラリネの方が好き

ココアパウダーがまぶしてあるので

周囲にこぼれるのですが、量は少なめ

食べてもパウダーの存在感なし

むせることなく食べられました

切ったときの感触どおりかためのチョコです

室温が低いというのもあると思いますが

くちどけもあまりよくなかったです

なにしろコーティングのチョコの厚みがあるので、カリカリが強いです

味はどちらも甘さ控えめ

ミルクプラリネでやや甘さを感じる程度

プラリネ味は抑えめでふつうのミルクチョコっぽくて食べやすい味でした

ビターオレンジは味がきつめかな、ビターチョコが強め

柑橘系っぽくない酸味が強い

庶民の舌には、チョコの香りが良すぎるのかな

慣れてない味なので新鮮でした

普段あまり食べられない高級なチョコ

食べられてよかったです

『テオブロマコレクション』の「トリュフショコラ」の商品説明
『テオブロマコレクション』の「トリュフショコラ」の商品説明

エネルギー量について

1箱当たり438kcal

『テオブロマコレクション』の「トリュフショコラ」の原材料名とカロリー
『テオブロマコレクション』の「トリュフショコラ」の原材料名とカロリー

価格について

税込918円

タイトルとURLをコピーしました