『柳月』のコーヒービーンズチョコ「魔女玉ブラックにが玉」食べた

チョコレート

バレンタインが近くなると、
どこのお菓子屋さんでも、チョコレート菓子の商品が増えます。

今日は、柳月です。

1月中旬ぐらいから販売していたようです。

ネットでも買えます。

魔女玉です。

味は2種類あります。

ピンク乙女玉とブラックにが玉

ピンクの方は苺ゼリーを苺チョコでコーティングしたものです。
ホワイトチョコだったので、ちょっとやめておきました。

甘ったるいものはあまり食べたい気分ではなかったので。

ブラックにが玉です。

魔女パッケージ

パッケージのイラストは魔女です。

イラストというか漫画っぽい絵です。

魔女のイラスト付き
魔女のイラスト付き

よくわかりません。魔女玉という商品名からしてよくわかりません。

箱を開けると、ビニールの袋入りです。

袋の表面には「幸せを運ぶ」だとか、トカプチとかの作り話が書いてあります。

物語が書いてある中袋
物語が書いてある中袋

あまり興味なかったので、ちゃんと読んでいません。

このストーリーに魔女玉の話がでてきているようです。

小さな粒チョコ

コーヒービーンズチョコにありがちな感じで、だいたい1cm弱の粒チョコです。

大きさは数ミリ程度のばらつきがあるようで、大きいもの小さいものがありました。

つやつやのダークチョコ
つやつやのダークチョコ

表面はつやつやのブラックチョコです。

チョコの色は濃いめです。間違ってもミルクチョコには見えません。

コーヒービーンズがかため

中にホワイトチョコが入っているらしいという情報を得て、断面をみなければ、食べられないと思いがんばりました。

何をがんばったかというと、かたいんです。

チョコの部分はそれほどではないのですが、コーヒービーンズがかたい。

なんとなく想像していましたが、切るのが大変でした。

包丁が必要です。

断面は3層

一番外側がビターチョコ

次ガホワイトチョコ

中心がコーヒービーンズです。

中は三層
中は三層

チョコ部分に厚みがあります。

ホワイトチョコとか想像以上でした。

しっかりホワイトチョコ入りです。

苦みがマイルド

コーヒービーンズがかたくてつらいです。

カリカリした食感がよさげな感じではありますが、コーヒーは割れるだけで、粒々が口の中に残り飲み物なしでは食べられません。

チョコがとけた後も、コーヒービーンズの粒が口の中に残ります。

好んでコーヒービーンズを使ったお菓子を食べない理由です。

コーヒービーンズの食感が苦手です。

全体的な味としては、ホワイトチョコがコーヒーの苦みをマイルドに抑えていて、おいしかったです。

エネルギー量について

1個50g当たり294kcal

価格について

税込300円