『六花亭』の「ビタスィートチョコレート」食べた

『六花亭』の「ビタスィートチョコレート」きたこぶしのイラスト付 チョコレート

六花亭のチョコレートは特徴的な味がするので、すぐにわかってしまいます。言葉ではうまく説明ができないのですが。他メーカーと六花亭のチョコレートを出されてどっちが六花亭?クイズを出されたとして、当てる自信があります!
特にホワイトチョコレートは食べられない人が多いのではないかと心配になります。それでも私は好きな味なので、変わらぬ味を続けてほしいです。六花亭さんお願いします。

パッケージにはこぶしの花

今回はパッケージにきたこぶしのイラストのついたビタスィートチョコレートです。今、北海道では桜とともにこぶしも満開です。

『六花亭』の「ビタスィートチョコレート」きたこぶしのイラスト付

『六花亭』の「ビタスィートチョコレート」きたこぶしのイラスト付


パッケージの背景色の青味の強い紫が白い花をちょっと辛口な感じで引き立てています。ビタなので甘さを出さなかったのでしょうか。

正方形の板チョコ

大昔は長方形でした。明治とかロッテの板チョコよりも厚みがあり大きさはひとまわり小さかったです。
それがいつの間にか正方形に。実質値上げですが、大きさそのままで価格を上げないところに好感が持てます。

サイズを小さくしてお値段そのまま。色々とコストがかかっただろうなぁと思うのですが、こちらは買いやすくなりました。大きなサイズだと一個でやめておこうと思ってしまいますが、この大きさだと二個食べてもいいかなと。

一辺の長さは7〜8cmぐらいの正方形です。このサイズのおかげで色んな味を楽しむことができるようになりました。

『六花亭』の「ビタスィートチョコレート」正方形の板チョコ

『六花亭』の「ビタスィートチョコレート」正方形の板チョコ

枕木がモチーフ

変なところに溝があって溝の通りにはうまく割れません。
帯広のお隣の中札内村に六花亭の美術館があるのですが、そこには昔の広尾線の枕木が再利用されています。
その枕木をモチーフにしたデザインの板チョコです。

『六花亭』の「ビタスィートチョコレート」枕木がモチーフ

『六花亭』の「ビタスィートチョコレート」枕木がモチーフ

ビタースィートな味

ビタースィートというだけあって色は濃いめです。黒に近い色です。味もビタースィートで甘さ控えめです。ミルク味はしないと思うのですが、原材料名に乳成分を含むと書かれていました。

エネルギー量について

不明です。量は20gなので普通の板チョコの半分ぐらいとすると、多めに見積もっても200kcal弱ぐらいですかね。

価格について

税込90円