『明治』の「ザ・チョコレート軽やかな熟成感ビビッドミルク」食べた

『明治』の「ザ・チョコレート軽やかな熟成感ビビッドミルク」爽やかな水色 チョコレート
『明治』の「ザ・チョコレート軽やかな熟成感ビビッドミルク」爽やかな水色

明治のザ・チョコレートシリーズの新作です。2017年5月30日発売でした。最近よくみかけるダークミルクチョコです。なんとも受け入れがたい名前ではあるのですが、ミルク入りのダークチョコです。ミルクが入ったらダークチョコじゃない気がするのですが、ありなのですね。

ドミニカ産のカカオが使われています。ドミニカ産のカカオの味としてよく言われるのはフルーティでさわやかなな味です。そこから「軽やかな」というキャッチフレーズが使われているのかなと思います。

『明治』の「ザ・チョコレート軽やかな熟成感ビビッドミルク」個包装

『明治』の「ザ・チョコレート軽やかな熟成感ビビッドミルク」個包装

水色がアクセント

夏らしくさわやかなイメージのパッケージになっています。一瞬、お菓子のパッケージなの?と疑問に思ってしまうほどさわやかで軽やかな水色が使われています。
さらにカカオのモチーフのシルバーと水色の組み合わせが軽やかです。

『明治』の「ザ・チョコレート軽やかな熟成感ビビッドミルク」爽やかな水色

『明治』の「ザ・チョコレート軽やかな熟成感ビビッドミルク」爽やかな水色

チョコのデザイン

パッケージを開けると、3袋入っていました。タブレット3個分で個包装です。さらに個包装を開けると、ひとつのタブレットに複数の溝が入っています。
カカオの味をより引き出すために溝が入れられているそうです。

小さな8個のブロック型は、軽い口当たり
ギザギザ型は、香りが際立つ
盛り上がったドーム型は、濃厚感を楽しむ
細長いスティック型は、力強い味わい

です。
実際に食べてみたところ、味の違いはよくわかりませんでした。言われてみればそうなのかもぐらいにしかわかりませんでした。

『明治』の「ザ・チョコレート軽やかな熟成感ビビッドミルク」溝入り

『明治』の「ザ・チョコレート軽やかな熟成感ビビッドミルク」溝入り


因みにザ・チョコレートシリーズのジャンドゥーヤや抹茶味のときはカカオ豆のモチーフで、溝は入っていませんでした。

爽やかな味

食べた瞬間、ん?と思いました。甘くないミルクの味が強くでていました。無調整乳みたいな味が近いかなと思います。牛乳だとお砂糖が入っていなくても自然な甘味を感じたりしますが、そいういもののないミルク味でした。

食べていくうちに濃厚なカカオの味がしてきます。軽いクセのような味を感じました。これが多分このビビッドミルクのフルーティという味なのだと思います。

変わった味がしますが、ベースはチョコレートなので、新しいチョコレートを食べたという感じがして新鮮でした。

エネルギー量について

1箱50g当たり301kcal

価格について

税込240円ぐらい