『明治』のほどよく高カカオ、フローラルなやさしい甘さ「ザ・チョコレートブリリアントミルク」食べた

『明治』の「ザ・チョコレートブリリアントミルク」デザインはシリーズと同じ チョコレート
『明治』の「ザ・チョコレートブリリアントミルク」デザインはシリーズと同じ

2017年10月3日に明治のザ・チョコレートシリーズの新作が発売されました。可憐に香るブリリアントミルクです。

『明治』の「ザ・チョコレートブリリアントミルク」明るい黄色

『明治』の「ザ・チョコレートブリリアントミルク」明るい黄色


ペルーサンのカカオ豆を中心に使用しています。どれぐらい使われているかは、明記されていません。

ブリリアントミルクのネーミングの由来がよくわかりませんが、ミルクチョコなのかと思いきや、ダークミルクチョコだそうで、ダークなのかミルクなのかさらによくわかりません。

黄色のパッケージ

ブリリアントというだけあって、明るい黄色で輝いてみえます。ゴールドに近い黄色ではなく、蛍光色に近い黄色です。ちょっと冷たい感じがしないでもありません。

『明治』の「ザ・チョコレートブリリアントミルク」デザインはシリーズと同じ

『明治』の「ザ・チョコレートブリリアントミルク」デザインはシリーズと同じ


全体的なデザインは、これまでの明治ザ・チョコレートのシリーズと同じで色違いです。

ミルクチョコ色

パッケージを開けると、チョコの色は、ダークというよりもミルクチョコのような明るい茶色でした。

『明治』の「ザ・チョコレートブリリアントミルク」部分により味が違うらしい

『明治』の「ザ・チョコレートブリリアントミルク」部分により味が違うらしい


形は細かく溝の入った形。溝の入り方によって味が違うというもの。説明されても違いがイマイチよくわかりません。

甘さ控えめミルクチョコ

ミルクチョコにしては甘さが控えめで、カカオの味がしっかりとしてきます。
ダークミルクチョコですが、ダークチョコの苦み、ミルクチョコの甘みと、それぞれの特徴を抑えめです。

香りのよいチョコでフルーティです。パッケージにはフローラルと書かれています。甘さのある香りがして、お砂糖の甘みが少なくても食べやすい味です。フローラルというとクセのある香りがするかと思われがちですが、チョコの味に自然に溶け込んでいます。

『明治』の「ザ・チョコレートブリリアントミルク」溝入り

『明治』の「ザ・チョコレートブリリアントミルク」溝入り


カカオ55%ですが、それほど濃いチョコ味を感じません。味がまろやかでマイルドです。もっと高い高カカオがあるので、この程度ならば、濃厚さを感じなくなってしまったのかもしれません。

ダークなチョコの一面もあるミルク味で、ほどよく高カカオ、甘さが控えめで、また食べたくなる味です。ブリリアントミルクは発売から1ヶ月もたっていないのに、すでに5箱ぐらい食べています。

エネルギー量について

50gあたり303kcal

価格について

税込232円