『明治』の苦みがうまい「濃いガルボ深みカカオ」食べた

『明治』の「濃いガルボ深みカカオ」大きめサイズ チョコレート
『明治』の「濃いガルボ深みカカオ」大きめサイズ

8月の下旬に発売となったガルボです。ずっと気になっていたのですが、入っている量が多めなので、ひとりで食べるときに買のは、危険だなあと思って、購入は見送っていました。

『明治』の「濃いガルボ深みカカオ」深い青色

『明治』の「濃いガルボ深みカカオ」深い青色

濃紺の箱

いつからかビター味は黒とか青のイメージになってしまいました。ミルク味はたいてい赤系の色で、ビター味は青や黒系の色が多いです。ダースとか。ガーナとか。ハイミルクとか。明治のミルクチョコは茶色でした。

『明治』の「濃いガルボ深みカカオ」裏ブタ

『明治』の「濃いガルボ深みカカオ」裏ブタ


こちらの深みカカオ味は、ビターとは書かれていませんが、ビターのイメージがついてしまっています。

同時期に発売された芳醇ミルクのパッケージは赤色で、こちらはサブタイトルのとおり、ミルク味だとわかります。

そういうこともあり、深みカカオはビターで苦みが強いと想像してしまいます。

『明治』の「濃いガルボ深みカカオ」個包装

『明治』の「濃いガルボ深みカカオ」個包装

ひとくちサイズのチョコ菓子

3cm×3cm厚み7mmほどです。ひとくちでいけるサイズです。表面はチョココーティングされているため、中になにか入っている雰囲気のあるチョコ菓子です。

『明治』の「濃いガルボ深みカカオ」ふつうのチョコにみえる

『明治』の「濃いガルボ深みカカオ」ふつうのチョコにみえる


味わうためにあえて、ふたくちで食べます。
サクサクしているのですが、外側のチョココーティングがほどよくしっとりねっとりクリーミーで、ふつうのサクサクとは少し違う感じになっています。とろけるようでサクサクで不思議ですが、その食感のバランスがまた良いです。
『明治』の「濃いガルボ深みカカオ」裏面

『明治』の「濃いガルボ深みカカオ」裏面

複雑なカカオの味

最初は、まろやかなチョコの味がします。ビターというほどビターではなく、ミルクに近いマイルドな味がします。

『明治』の「濃いガルボ深みカカオ」断面図、中はクッキー

『明治』の「濃いガルボ深みカカオ」断面図、中はクッキー


チョココーティングの中には、クッキーのようなビスケット、サクサクしていて噛むごとにカカオの苦みが広がってきます。

嫌な苦みではなく、深みのある香りのよいカカオの味です。

エネルギー量について

1箱60g当たり345kcal
10枚入1枚34.5kcal

価格について

税込210円

スーパー、コンビニで200円のチョコというと少し高いと思ってしまいます。

それでも200円程度でこんなに高品質でおいしいチョコが食べられるなんて、すごいことだなあと思いました。

価格も上がっているけれど、品質も上がっているので、文句は言えないですね。おいしかったです。

しいて言えば、半分の量で60%の価格だったらいいかなと。いや、これ以上贅沢は言いません。今で十分、大満足でした。