『ロッテ×パブロ』の「チョコパイ和のチーズケーキ京味仕立て」食べた

『ロッテ×パブロ』の「チョコパイ<PABLO監修 和のチーズケーキ 京味仕立て>」黒蜜が気になる チョコレート
『ロッテ×パブロ』の「チョコパイ<PABLO監修 和のチーズケーキ 京味仕立て>」黒蜜が気になる

期間、数量限定で9月26日(火)に発売になりました。8個入りの箱入りもあるようですが、コンビニ、スーパーでは1個売りしかみかけていません。

パブロのチーズケーキはいまだに食べたことがありません。いつかと思っているのですが、北海道には店舗がないため、食べる機会がありません。

ロッテとパブロのコラボのチョコパイを食べるたびに、パブロさん、札幌に出店しないのかなと思って、ウェブサイトをみにいってしまいます。

大阪が本社なので関西方面への出店が多いです。北海道は遠いですよね。

いつもどおりのチョコパイ

直径6~7cm、厚み2cm強です。ふつうのチョコパイとほぼ同じ大きさです。

『ロッテ×パブロ』の「チョコパイ<PABLO監修 和のチーズケーキ 京味仕立て>」オリジナルと変わらず

『ロッテ×パブロ』の「チョコパイ<PABLO監修 和のチーズケーキ 京味仕立て>」オリジナルと変わらず


チョコとスポンジの味は、ノーマルなチョコパイと同じ味です。チョコは少し洋酒のきいたような苦みのある味、スポンジは、ちょっと固めで、パサっとしっとりの中間ぐらい。
『ロッテ×パブロ』の「チョコパイ<PABLO監修 和のチーズケーキ 京味仕立て>」抹茶はみえない

『ロッテ×パブロ』の「チョコパイ<PABLO監修 和のチーズケーキ 京味仕立て>」抹茶はみえない


チョコパイ好きの好きのところをしっかり残しています。

京都産宇治抹茶100%

渋みがあり、香りが強いのが特徴と言われているようですが、チーズやチョコレートと合わせてお菓子にすると、その特徴も薄れるかなと思いました。

チーズ味濃いめ

抹茶とチーズ味の組み合わせは、意外と合います。抹茶の渋み、苦みはほぼ消えて、旨味だけが残り、チーズの酸味は抑えられます。

クリームチーズが使われているので、もともと酸味は抑えめですが、それでもチーズ臭さはほとんど感じません。

抹茶とチーズのバランスが良く混ざり合っていて、どちらか一方の味しかしないということはなく、ひとつの新しい味が出来上がっています。

黒蜜の存在

半分に切ってみました。パッケージの写真の確認をしたいと思ったのですが、少し様子が違いました。

『ロッテ×パブロ』の「チョコパイ<PABLO監修 和のチーズケーキ 京味仕立て>」中央左よりの茶色が黒蜜?

『ロッテ×パブロ』の「チョコパイ<PABLO監修 和のチーズケーキ 京味仕立て>」中央左よりの茶色が黒蜜?


抹茶チーズクリームはみえるのですが、何か足りない。黒蜜が見えません。よーくみると、ケーキ部分が少し茶色っぽくなっているところがあります。

ここに黒蜜が入っていたと想像できるのですが、写真のようなしっかりした塊は見えませんでした。黒蜜自体、液体に近いドロッとしたものなので、凍ってでもいない限り、見えることはないです。

『ロッテ×パブロ』の「チョコパイ<PABLO監修 和のチーズケーキ 京味仕立て>」角度を変えて

『ロッテ×パブロ』の「チョコパイ<PABLO監修 和のチーズケーキ 京味仕立て>」角度を変えて


食べてみると、黒蜜の味がします。抹茶チーズ味の甘さが控えめなだけに、しっかりと黒蜜の味がしてきて、おいしいです。

見た目には存在がわかりませんが、味がするので、周囲に侵食して、馴染んでいたということですね。

チョコが黒蜜と抹茶チーズの味をじゃまをせずに馴染んでいるところも、絶妙なバランスです。

エネルギー量について

1個38gあたり186kcal

価格について

税込102円