『クリオロ』の口どけのよい甘くないチョコ「プレーン3個セット」食べた

チョコ

札幌丸井今井のサロン・デュ・ショコラで購入です。

クリオロは日本のチョコレート屋さんですが、シェフはフランス人のサントス・アントワーヌさんです。

この日はすでに色々なものを購入した後。

あまり余計な味のついていないシンプルなチョコが食べたい気分でした。

プレーン3個入りを買いました。

その直後に隣のショーケースにチョコケーキが並んでいるのに気づきました。

トレゾーもおいしそう。

シンプルなチョコが食べたい気分が一瞬で吹っ飛びました。

でも...ひとりで食べるには少しサイズが大きめです。

いっきに食べてしまうので、大きめサイズはキケンです。

今しか買えない。わけではない。ネットでも買える。

ということで思いとどまりました。

半分の大きさだったら、多分買っていました。

シンプルだけど高級感あり

パッケージはチョコレート色です。

きらきらした素材ですが、派手すぎず落ち着きもあり高級感もあり。

マットだけど角度により光る箱
マットだけど角度により光る箱

シンプルですが、素材で勝負といったところです。

中のチョコもそんな感じかな。

フランスの有名なチョコレートメーカー「ヴァローナ」で技術指導していたシェフのイメージにぴったりです。

シンプルなパッケージ
シンプルなパッケージ

CRIOLLOの文字色と同じ色のリボンがかわいい。

ゴージャスなチョコ

プレーンなのでシンプルなのかと思いきや、表面には金粉がちりばめられています。

プレーン3個入り
プレーン3個入り

高そうなイメージですが、この金粉がないと、ほんとにプレーンになってしまいます。

金粉がないと、マットな感じでチョコのつやはない方です。

サイズは、2cm強四方、高さ1cm強のひとくちサイズです。

金粉付きチョコ
金粉付きチョコ

口どけのよいチョコ

いつもどおり半分に切って断面をみてみました。

外側のコーティングチョコは薄めです。そして柔らかめ。

パリっと割れることなく、中のガナッシュと一緒にキレイに切れました。

口どけのよいガナッシュは甘くない
口どけのよいガナッシュは甘くない

ガナッシュは、さらに柔らかめです。かためのクリームのように見えます。

なめらかなクリーム、なめらかなチョコには見えませんが、

少し透明感があり、水分多めなのかなと思わせられます。

外側のチョコが柔らかめなこともあり、ひとくちで食べると口どけのよさがよくわかります。

生チョコのような食感です。

甘くないチョコ

外側も中もチョコはほとんど甘さがありません。

甘さ控えめではなくて、甘くないです。

プレーンという名前ですが、プレーンなミルクチョコ味ではありません。

プレーンなチョコ味ということのようです。

カカオ自体の味が強く、木とか草のような香りと香ばしい味がします。

好みが分かれそうです。

カカオマニア好みの味がします。

自分用におすすめですね。

バレンタインは、チョコマニア向けの祭典になるのかなと思いました。

エネルギー量について

不明です。

価格について

税込1080円

箱などのパッケージにお金がかかっていそうですが、チョコ自体はリーゾナブルなお値段です。

タイトルとURLをコピーしました