『三星』の甘酸っぱいハスカップジャムがおいしいよいとまけのミニサイズ「よいとまけ半分こ」食べた

洋菓子

三星は、みつぼしと読みます。さんせいではありません。
北海道苫小牧市のお菓子屋さんです。
苫小牧は札幌から車で1時間ほどのところにあります。

海沿いの街で、フェリーターミナルがあり、札幌とは違う雰囲気があります。

そんな苫小牧の昔からあるお菓子屋さんの代表的な商品です。

発売は1953年です。北海道の短い歴史の中で50円以上も作られ続けている点はすごいです。

よいとまけは、ハスカップジャムをたっぷりつかったロールケーキです。

小さいサイズのよいとまけ

ノーマルな箱入りのサイズのよいとまけはよくみかけます。
札幌市内のおみやげやさんやキオスクではたいてい売っています。
箱入りで680円のものです。

小さめサイズのよいとまけ
小さめサイズのよいとまけ

一度に食べるのには少し量が多いので、いつも躊躇してしまいます。
今回は小さいサイズのものをみつけたので買ってみました。

箱には入っていません。袋入りで、ちょうど菓子パン1個ぐらいの大きさで、1度に食べ切れそうなサイズ感です。

ハスカップジャムたっぷり

開封して中をみてみると、長さ9cm、幅5cm、高さ5cmぐらいでした。

表面にビニールがくっついているように見えます。

ジャムがベタベタするからビニールで覆っているのかなと思いがちですが、オブラートです。

表面にはオブラートが巻き付けられている
表面にはオブラートが巻き付けられている

粉薬を飲むときなどに使う、あのオブラートです。最近はあまりみかけなくなりました。

オブラートでつつまれていても、ベタベタ感は残っています。

外側からみると、どぎつい赤紫色をしています。

どぎつい赤紫色
どぎつい赤紫色

サイドもすべてジャムがたっぷりと塗りつくされていて、中がよくみえません。

サイドにもジャムたっぷり
サイドにもジャムたっぷり

中はロールケーキ

半分に切ってみると、きれいにふんわりと焼けたロールケーキの断面が見えます。

中はきれいな卵色のスポンジケーキ
中はきれいな卵色のスポンジケーキ

ロールケーキの間のジャムは少なめで、コーティングが多めなのがわかります。

スポンジの間に果肉入っていた
スポンジの間に果肉入っていた

ほどよくふわふわしているのが見ためでわかります。

さわやかハスカップジャム

ハスカップジャムといいつつ、ちょっとハスカップとは違う味が混ざっています。
実はミックスジャムになっていて、あんずやみかんが入っています。

ハスカップのほかにあんずやみかんで味付けされたジャム
ハスカップのほかにあんずやみかんで味付けされたジャム

どちらかというと酸味が強調されて、クセがあるように感じますが、そこがまたよかったりもします。

ときどきハスカップの果肉が混ざっていて、酸っぱくなります。

スポンジは重くもなく軽くもなく、昔ながらのしっとりもぱさぱさもしていない柔らかさです。

ひとつだけ難点あり

ジャムが表面に塗られているので、手がベタベタになりやすいです。ちょっと油断すると、手以外にもベタベタしていきます。

ナイフで切って、お皿にのせてフォークで食べるというのが正しい食べ方ですね。

ひさしぶりに食べられて、懐かしく思いました。おいしかったです。

エネルギー量について

100gあたり289kcal
内容量の記載はありませんでした。
多分100gぐらい

価格について

税込340円