『無印良品』の少量で低価格の小袋入りぽち菓子「こんぺいとう」食べた

投稿者: | 2018-01-09

今日はお正月っぽいお菓子?です。

お正月というよりも桃の節句かもしれません。

半年ぐらい前から色々な種類を
見かけるようになったと記憶しています。

無印的には、
ぽち菓子というカテゴリです。

高さ10cmほどの小さめの袋入りです。

小さめの袋入りぽち菓子
小さめの袋入りぽち菓子

少量で税込100円から120円という
低価格で販売しています。

少量で低価格、買いやすいお菓子です。

食べ過ぎ防止、ダイエット中でちょっとだけ
食べたいときにちょうどいいです。

金平糖

昔からあるので、
日本のお菓子のように
思われがちですが、
起源はポルトガルのコンフェイト
というお菓子です。

角度を変えて
角度を変えて

ポルトガルときいてなんとなく
わかると思いますが、
戦国時代に日本に入ってきた
お菓子です。

それぐらい昔からあるので
すっかり日本のお菓子として
定着してしまいました。

ただほんのりと甘い味がするだけの
ことが多いので、
あまり人気がないのかもしれません。

が、私は好きです。

カラフルでかわいい

ピンク色、黄緑色、オレンジ、黄色、白色と
やわらかい色合いでかわいいです。

カラフルな色合い
カラフルな色合い

でこぼこしたつのがいっぱいついた形も
かわいらしいです。

カラフルで食欲をそそる色合いです。
昔はそれが目的で作られたという話も
あるぐらいです。

3月の桃の節句、ひな祭りのときに
配るのもよさそうです。

ちょっと大きめな粒

金平糖というと、
ひと粒が5mmほどの
小さいものをよくみかけます。

大きめの粒
大きめの粒

無印のこんぺいとうは、
1cm強あります。

大きめの方です。

食感が良い

金平糖は
ざらめに糖蜜をかけて
つくるお菓子です。

氷砂糖みたいな
お砂糖の塊です。

ちょっとだけ堅くて
カリカリします。

歯が弱いと噛んで、
食べるのはつらそうです。

飴のように舐めて食べるという
手もあります。

私は、カリカリと噛んで
食感を楽しむのが好きです。

こういう歯ごたえのある
お菓子好きです。

飴もガリガリと噛んで
食べてしまう方です。

味は、お砂糖の塊なので
甘いです。

無印のぽち菓子シリーズ

こんぺいとうの他に、チョコ系、米菓子系、その他、
40種類ほど。

ボーロ、干梅、ゼリービーンズ、ラムネ
など。
懐かしお菓子もあります。

他のものも食べてみたいです。

2018年中に制覇できるかな。

エネルギー量について

1袋50g当り199kcal

価格について

税込100円