『スタバ』の爽やか「キーライム クリーム & ヨーグルト フラペチーノ」食べた

爽やかな酸味が良い「キーライム クリーム & ヨーグルト フラペチーノ」 アイス

スタバの期間限定のフラペチーノです。ライムとヨーグルトが爽やかなイメージを醸し出していて、涼しげです。暑い日が続くと、普段はあまり選ばないフラペチーノもかき氷やアイスクリーム代わりに食べたくなります。

カスタード風フラペチーノ

トールサイズは大きいです。ずっしりした重さがあります。トールからしかなくて、選択肢はありませんでした。たくさん食べると冷えておなかを壊すのでショートサイズで十分です。少し残せばいいのですが、食いしん坊なので全部残さずきれいに食べてしまいます。

爽やかな酸味が良い「キーライム クリーム & ヨーグルト フラペチーノ」

爽やかな酸味が良い「キーライム クリーム & ヨーグルト フラペチーノ」


フラペチーノの上には生クリームがたっぷりと乗っています。トッピングとかかわいらしい感じではありません。

横からみると、黄色みがかったいます。ライムに色はつかないでしょうし、ヨーグルトは白なはずだし、なぞの黄色です。後からわかるのですが、カスタードソースが入っているのでその色でした。

爽やかなミルクセーキ味

ひとくちストリーで吸うと、爽やかな酸味がします。キーライムのフルーティさとヨーグルトのほどよい酸味がとてもよいです。さらに飲むと、甘い味がしてきました。カスタード味です。クッキーがはいっているせいか多少ざらっとした食感があります。

カスタード味は何かに似ているなあと思いながら食べていたのですが、後でミルクセーキに似ていることに気づきました。

子どものころはよく家でもつくって飲んでいたミルクセーキですが、最近はまったく興味なくなってその存在すら忘れていたぐらいです。

ただのミルクセーキではなく、ライムの爽やかな味がついたちょっと高級なミルクセーキです。
冷たいので砂糖はたくさん使われていると推測しますが、甘すぎず爽やかで暑い日にぴったりのフラペチーノです。

小さなライム

キーライムは、ライムの一種だということはなんとなくわかったのですが、何が違うのか気になって調べてみました。ライムよりも小さなライムで、東南アジアが原産、アメリカでよく食べられているものだそうです。

エネルギー量について

490kcal
ミルクの種類によってカロリーが異なるようです。ミルクの場合のカロリーです。
低脂肪タイプ、無脂肪乳、豆乳を選ぶと少しだけ、カロリーが低くなります。無脂肪乳が一番低くて463kcalです。
ほんのちょっとの違いなので、カロリーを気にしてミルクの種類を変えても、あまり意味がないですね。

価格について

税込669円