『明治』のケーキでアイスなスイーツ「エッセルスーパーカップ苺ショートケーキ」食べた

アイス

北海道民は冬に部屋の中を暖かくして

アイスを食べると思われているようですが、

みんながみんなそういうわけではありません。

室温は高めの設定ですが、外の出かけると寒いし、

全部の部屋が暖かいわけではないので、

冷たいものを食べるとすぐに寒くなってしまいます。

5月になってやっとアイスが食べられる気温の日がでてきました。

最高気温が20℃を超えて、お天気がよいと、アイス食べたくなります。

明治エッセルスーパーカップスイーツ

前から気になっていたもの、やっと食べられました。

本当はティラミスが食べてみたかったのですが売っていなくて、

苺ショートケーキにしました。

苺ケーキ風の写真がおいしそう
苺ケーキ風の写真がおいしそう

パッケージは、スーパーカップの形なのに、

イメージ図は苺ケーキ風。

上に苺が1個のっている苺ショートとは少し雰囲気が違いますが、

ケーキっぽい絵です。

中フタの商品説明

外フタをあけると、中フタになんか書いてありました。

ケーキのようなアイスだそうです。

2色で地味な印象です。

中フタにもなんか書いてある
中フタにもなんか書いてある

そして公式サイトへのQRコード付きです。

なぜ外フタじゃないのかな?

必要以上に資材にお金がかかっているような気がします。

印刷しなければその分安くなるんじゃないのかな。

いちご果肉19%

中フタを開けると、やっとアイスにたどり着きます。

アイスといっても、ラクトアイスです。

ラクトアイスにしてはお値段高めの印象ですが、

いちご果肉が使われているから、高めということで納得しておきます。

苺ソースたっぷり
苺ソースたっぷり

苺の色が濃くてジャムのような果肉入りのソースが

たっぷりと入っていることがわかります。

予想以上にソース多めです。

苺の果肉もたっぷり
苺の果肉もたっぷり

着色料も使われているようですが、おいしそうに見せるために、

多少の盛りは仕方ないかなと思います。

白色と黄色のアイス

断面をみてみると、白と黄色のアイスでした。

2層のアイスクリーム
2層のアイスクリーム

白はホイップクリーム風、黄色はカスタードクリーム風です。

白色はホイップクリームというよりはミルク味のアイスです。

黄色のアイスの方がおいしいです。

カスタードクリームというかスポンジケーキのような卵味がおいしいです。

原料は一緒ですが。

白と黄色のアイスの間にクッキーが入っています。

これがまたうまい!カスタードクリーム味と自然にまざりあっています。

冷たいけれど苺ショートケーキ、おいしかったです。

エネルギー量について

1個172ml当り266kcal

価格について

税込237円