『ロイズ』の後味がキャラメルの香りの「生チョコマイルドミルク」食べた

投稿者: | 2017-04-24

ロイズの生チョコはよく食べます。ひと箱の量が多いのでいっきに食べないように注意が必要です。以前「マイルドカカオ」という味を食べたのですが、「マイルドミルク」は似ています。もしかしたら同じもので名前が変わっただけなのかもしれません。「マイルドカカオ」と同じくリキュールフリーです。

ロイズの生チョコ

このサイズのこの形の箱ですぐにわかってしまいます。よくみると背景には透かし文字のようにROYCE’の文字がななめに入っています。
「マイルドミルク」味は明るいチョコレート色です。ミルクたっぷりなので明るい色ということなのでしょうか。

『ロイズ』の「生チョコマイルドミルク」マイルドなチョコレート色

『ロイズ』の「生チョコマイルドミルク」マイルドなチョコレート色

厳重な二重包装

過剰なのか必要なのか二重に包装されています。箱をあけると、ビニール製の袋で密封されています。以前はこのビニール袋の梱包はなかったと思います。

『ロイズ』の「生チョコマイルドミルク」袋入り

『ロイズ』の「生チョコマイルドミルク」袋入り


その袋を開けると、プラスチックのケースが登場です。このケースはフタが取れます。このケースを袋から出した時点でココアパウダーがちょっとでてきてしまいます。
『ロイズ』の「生チョコマイルドミルク」プラスチックケース入り

『ロイズ』の「生チョコマイルドミルク」プラスチックケース入り


ココアパウダーがでてきて散らばってしまうので、ビニール袋に入れるようにしたということですね。
『ロイズ』の「生チョコマイルドミルク」ココアパウダーたっぷり

『ロイズ』の「生チョコマイルドミルク」ココアパウダーたっぷり


プラスチックのようじもついています。チョコレートを手で持ったら、ココアパウダーが手についてなかなかとれません。

10℃以下で保存

今時期の北海道の最高気温は10℃ぐらいなので、保冷剤は不要です。

ココアパウダーたっぷり

表面はココアパウダーがたっぷりついていますが、以前よりも少し少なくなった気がします。パウダーが多すぎるとのどにつまりそうになるので、少なめでいいです。ココアパウダーはとっても良い香りがします。

『ロイズ』の「生チョコマイルドミルク」ひと切れは大き目です

『ロイズ』の「生チョコマイルドミルク」ひと切れは大きめです

中はマイルドなチョコレート色

半分に切ってみると、中のチョコレートはちょっとだけ白っぽい気がしました。
ミルク多めなのでしょうか。
常温に置いていたので、少し柔らかくなっていて切りずらかったです。

『ロイズ』の「生チョコマイルドミルク」中は明るい茶色

『ロイズ』の「生チョコマイルドミルク」中は明るい茶色


マイルドな味です。甘さも控えめです。とっても口どけがいいです。
後味にキャラメルの香りがするように作られているそうです。
食べたあとにふんわりと甘い後味がするような気もします。

20粒入りです。
ひと粒の大きさは2.5cm×1.5cmぐらいです。

『ロイズ』の「生チョコマイルドミルク」フタの裏

『ロイズ』の「生チョコマイルドミルク」フタの裏

エネルギー量について

不明です。生クリームたっぷりで高カロリーだと予想されます。

価格について

税込777円
とてもリーゾナブルです。外国製のものはさておき、東京のお菓子やさんやチョコレートやさんのチョコは高すぎて日常のおやつにはできないです。
ロイズさんには、このお値段は今後も維持してほしいです!

なのでみんないっぱい買ってね!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロイズ ROYCE 生チョコレート[マイルドミルク]
価格:777円(税込、送料別) (2017/4/22時点)