『六花亭』の新発売の梅ジャム入りチョコケーキ「六花亭貯古齢糖」食べた

投稿者: | 2018-01-17

ふらっと六花亭に立ち寄ったら、みたことのないお菓子が売っていたので買ってみました。

家に帰って、新聞を読んでいたら、六花亭貯古齢糖の広告を見つけました。

発売日でした。

六花亭貯古齢糖は、
「黄金の梅」ジャムを使用したチョコレートケーキ

ここで気になったのは、黄金の梅

黄金の梅は、福井県のブランド梅です。
樹上完熟、この言葉初めて聞きました。

フルーツのような香りが特長の梅です。
ジャムが有名なようですが、食べたことはありません。

地味でレトロなパッケージ

背景ほぼ茶色で、少し剥げた感じがレトロな感じです。
使われている文字も少し古ぼけたイメージです。

レトロなパッケージ
レトロなパッケージ

六花亭のお菓子は、パッケージやお菓子の名前を見たり聞いただけでは、どんなお菓子なのか想像しずらいものが多いです。

今回は、初見だったこともあり、全然想像がつきませんでした。

チョコレート味の何からしいということしかわかりませんでした。

チョコチップクッキーのよう

パッケージをあけると、
直径5cm、高さ2cmのスポンジケーキの登場です。
ブッセのような表面がパサっとした印象があります。

チョコチップたっぷり
チョコチップたっぷり

一見すると、クッキーのように見えなくもないです。

チョコチップをアップで
チョコチップをアップで

チョコチップがとてもおいしそうです。

梅ジャム入り

最初にも書きましたが、「黄金の梅」という品種の梅のジャム入りです。

チョコレートと梅ジャムの組み合わせと聞くと、2017年に発売になった梅ジャム、ゼリー入りのチロルチョコを思い出します。

『チロル』の梅味がおいしい「完熟梅チロルチョコ」食べた

意外性もあり、新しさがありました。あれは、おいしかったです。

梅とチョコの組み合わせは意外といけると知っていたので、
抵抗はありませんでした。

中央がしっとりしているようにも見える
中央がしっとりしているようにも見える

半分に切ってみると、梅ジャムの存在はよくわかりません。

よーくみると、中央当たりがなんとなくしっとりしているように
みえました。このあたりに梅ジャムが入っているのでしょう。

甘くないチョコにほんのりフルーティ

スポンジはチョコ味がついています。
色をみただけで、濃いめのチョコ味なんだろうなと想像がつきます。
さらにチョコチップ、というよりもチョコチャンクがたくさん乗っています。

表面乾燥気味でブッセっぽい生地
表面乾燥気味でブッセっぽい生地

濃厚で甘そうに見えますが、見ためだけです。

梅味は弱めです。
なんとなくフルーティだけど、梅味かどうかよくわかりません。
酸っぱさもありませんでした。

もう少しチョコの甘さがほしい気がしました。
フルーティさはちょうどいいです。

でももうちょっと梅っぽい味がすると
おいしくなりそうです。

エネルギー量について

不明です。

価格について

税込120円