牟尼庵『カカオ亭』のむっちりマシュマロチョコ「カカオキュート日本茶セット」食べた

投稿者: | 2018-01-27

大丸札幌の8階の催し物会場で行われている
ショコラプロムナードへ行ってきました。

ここ数年気になっているものは、
マシュマロ×チョコの組み合わせ。

ピエールマルコリーニのギモーヴショコラと迷ったのですが、
今日のところは、牟尼庵にしました。

牟尼庵のブランド「カカオ亭」のカカオキュートを買いました。

カカオの絵だけのシンプルな箱
カカオの絵だけのシンプルな箱

カカオキュートは2種類

・チョコレートセット
・日本茶セット

があります。

両方入った6個入りもあります。

今回は日本茶セットにしました。

高そうなパッケージ

カカオ豆の絵だけがついたシンプルなパッケージです。

牟尼庵とかカカオ亭という文字はどこにもついていません。

クロコダイルっぽいエンボスありの素材です。

しっかりした箱で高級感があります。

中身が重要といいつつ、箱も気になってしまいました。

箱代だけで500円ぐらいかかってそう。

カップの色

箱を開け、カカオ豆の絵が描かれている商品説明の紙をよけると、チョコが3個見えます。

箱を開けたところ
箱を開けたところ

見た瞬間、味の違いがわからない!と思ったのですが、

商品説明をみると、カップの色により味の違いがわかることが判明。

緑は抹茶、ピンクはほうじ茶、黄色は緑茶です。

カップの色によって味の違いがわかる
カップの色によって味の違いがわかる

大きさは3cm角のキューブ型

これだけを写真でみると、大きさがわかりずらいです。

ひとくちサイズのように見えてしまいます。

実際は、ひとくちでは食べられない大きめサイズ

ちょっと大きすぎではないかと思うぐらいです。

ひとくちサイズのケーキみたいな大きさです。

箱に入るぎりぎりの大きさで取り出しずらいです。

箱ぎりぎりの大きさ
箱ぎりぎりの大きさ

マシュマロと聞いていたので、柔らかくて指の跡がついてしまうのではないかと心配になりました。

もっちりチョコ

まずは中身をみてみようと、ナイフを入れてみました。

ちょっとかためです。

全然マシュマロみたいな感じではありません。

ねっとりしたかためのクリームというか、
ちょっと柔らかめのチョコレートというか。

手にとっても指の跡がついて凹むことはありません。

かたさはありますが、口どけは悪くありません。

3種類に共通している点は
濃厚で、ねっとりしていて、イッキにひとくちで
食べるのはきついです。

少しずつフォークなどで切ってゆっくり味わって
食べたい感じです。

京都宇治のお茶を使用

全体的にミルクっぽい感じが弱めなところがいいです。

ホワイトチョコに味をお茶の味をつけたチョコレートですが、
食べずらい感じはありません。

表面のココアパウダーのほろにが感が
お茶の苦みや旨味とマッチしていて
おいしかったです。

1個のサイズが大きめなので、
満足感も大きいです。

抹茶味

お茶の味が濃いです。

緑のカップは抹茶
緑のカップは抹茶

香りのよい高級そうな抹茶です。

濃い緑色は抹茶味
濃い緑色は抹茶味

濃い抹茶は苦手なのですが、
甘さ控えめなので、おいしくいただきました。

ほうじ茶味

一番食べやすい味です。

ピンクのカップはほうじ茶
ピンクのカップはほうじ茶

ほうじ茶ラテとかそんな感じの味です。

ほうじ茶の中は茶色に近い緑色
ほうじ茶の中は茶色に近い緑色

こちらも甘さ控えめです。

緑茶味

うまみが強いです。

黄色のカップは緑茶
黄色のカップは緑茶

抹茶よりも、お茶の味です。

抹茶よりはうすい緑色の緑茶味
抹茶よりはうすい緑色の緑茶味

20℃以下で保存であれば、
冷蔵庫に入れなくても大丈夫とのことでした。

エネルギー量について

不明です。

価格について

税込2160円