『森永』のすっきりミント味の焼チョコ「ベイク ミント」食べた

『森永』の「ベイク ミント」爽やかなミントグリーンのパッケージ チョコレート

6月に焼チョコベイクシリーズから、2種類の味が発売されました。その味はミントとパクチー。どちらも色がグリーン系で爽やかな感じです。
今日のおやつはミント味の方です。

食感はベイクそのものです。ちょっとねっとりした感じのチョコです。口でとろけることになっているようですが、普通のチョコレートと比べると、口どけはよくないです。それでもこの食感は結構好きです。

爽やかなパッケージ

夏にぴったりな涼し気なみているだけですーっとするようなミントグリーンです。背景にミントチョコアイスがうっすら見えます。
ミント好きのためと書かれていて、強いミント味がするのかなと想像してしまいます。

『森永』の「ベイク ミント」爽やかなミントグリーンのパッケージ

『森永』の「ベイク ミント」爽やかなミントグリーンのパッケージ

強いミントの香り

パッケージを開けると、予想どおりミントの香りがしました。かなり強いです。
チョコの香りはそれほどでもありません。ミント好きが好きそうなにおいです。

『森永』の「ベイク ミント」表面はチョコ色

『森永』の「ベイク ミント」表面はチョコ色

外はチョコ、中はミント

粒を手にとってみると、表面はチョコレート色をしています。ノーマルなベイクと同じ焼きチョコのざらっとした感じです。中は鮮やかなミントグリーンです。
側面からその色が見えています。

ミントグリーンのチョコ

外はノーマルなチョコですが、中身はホワイトチョコにミントの味をつけています。ホワイトチョコが使われると甘くなりすぎて、くどくなりがちですが、ミントの味が強く、すっきり爽やかな味がしました。

『森永』の「ベイク ミント」外はチョコ、中ハミント

『森永』の「ベイク ミント」外はチョコ、中ハミント


ミント味はかなり強めです。ミントが得意でない人には食べられない味だと思います。

原材料名をみると、ミント味をつけるためにペパーミントリーフ粉末というものが使われていました。きっとたっぷりと使われているのでしょう。

『森永』の「ベイク ミント」断面図、中もミント

『森永』の「ベイク ミント」断面図、中もミント


準チョコレートでした。

エネルギー量について

1粒3.8g当り22kcal
10粒入りなので一箱で220kcal
ふつうの板チョコ1枚分ぐらいのカロリーですね。

価格について

税込140円ぐらい