『明治』の待ってました冬季限定「メルティーキッスプレミアムショコラ」食べた

『明治』の「メルティーキッスプレミアムショコラ」雪のようなパッケージ チョコレート
『明治』の「メルティーキッスプレミアムショコラ」雪のようなパッケージ

今年も冬季限定のチョコが発売になりました。10月24日発売です。1992年発売で今年は25周年です。

テレビでCMが流れると、ガッキーがかわいくてチョコのことは忘れて、みとれてしまいます。

降る雪が全部メルティーキッスなら、チョコに埋もれてしまいます。そんな冬が来たら、寒い冬も楽しく過ごすことができそうです。

今回食べたプレミアムショコラの他に、「フルーティー濃いちご」と「初摘み濃抹茶」が発売になっています。そのうち食べます。絶対に!

雪のような白いパッケージ

毎年ほぼ似たようなパッケージです。白系で、雪の結晶が描かれています。Meltykissの文字は光りもの系。ココアパウダーたっぷりのチョコの写真がついているのも同じです。

『明治』の「メルティーキッスプレミアムショコラ」雪のようなパッケージ

『明治』の「メルティーキッスプレミアムショコラ」雪のようなパッケージ


微妙に配置が違ったりします。ことしは冬季限定の上にNewの文字がついていました。
個包装もクリーム色でした。
『明治』の「メルティーキッスプレミアムショコラ」15個入り

『明治』の「メルティーキッスプレミアムショコラ」15個入り

四角いチョコ

1.5cm角、立方体、サイコロ型のひとくちサイズのチョコです。

『明治』の「メルティーキッスプレミアムショコラ」ココアパウダーたっぷり

『明治』の「メルティーキッスプレミアムショコラ」ココアパウダーたっぷり


表面にはココアパウダーがついています。量は、パッケージの写真ほど大量にはついていません。薄くでも中のチョコが見えない程度の厚みです。

食べたときにむせるほどの量ではありません。少しだけ苦みがあり、ビターな味がします。
そのおかげで中のチョコが甘く感じます。

断面をみると、光沢のない無機質なマットな印象です。それほどメルティーな感じに溶けていきそうな雰囲気はあまり感じられません。

『明治』の「メルティーキッスプレミアムショコラ」断面はマット

『明治』の「メルティーキッスプレミアムショコラ」断面はマット

口どけのよいチョコ

口どけがよくて、生チョコのようです。まさに「雪のようなくちどけ」です。そうは言っても溶けだすまでに少し時間がかかります。室内が涼しすぎるのです。チョコが溶けると、とてもクリーミーでなめらかに溶けていきます。さずかメルティーです。

『明治』の「メルティーキッスプレミアムショコラ」雪のようなくちどけ

『明治』の「メルティーキッスプレミアムショコラ」雪のようなくちどけ


甘くて濃厚なチョコです。生クリームたっぷりな味がします。これぐらいじゃないと食べた気がしません。Newとなっていましたが、去年との違いはあまりよくわかりませんでした。今年もおいしかったです。

エネルギー量について

1箱60g当たり382kcal
15個入っていました。
1個あたり約25kcal

価格について

税込265円