『リンツ』の口どけのよいチョコクリーム入り「リンドール エキストラダーク」食べた

投稿者: | 2018-04-27

リンツはスイスのチョコレートメーカーです。

輸入食品のお店にはたいていおいてあります。

最近、よく行くカルディでは見かけなくなってしまったので、別の輸入食品のお店まで行っています。

リンドールは中のガナッシュの口どけがよくて好きです。

ハイカカオのブームにのったエキストラダーク、カカオ60%です。

濃い茶色と黒い包み

袋入りのチョコです。これで十分です。袋の色は濃い茶色です。

茶色のパッケージ
茶色のパッケージ

そして、個包装は黒い包紙。

黒い個包装
黒い個包装

茶色がかったとか何もなく真っ黒なパッケージです。

ひと目でダークチョコとわかるもの。

他はリンドールのデザインを継承しています。

個包装も真っ黒です。

高級な感じがします。

日本の菓子メーカーのものよりはお値段も高めですが、ゴディバなどよりは少し安いです。

大きめなチョコボール

リンドールは3cmほどの球状です。

大きめなチョコボール
大きめなチョコボール

ひとくちで食べるときは、喉に詰まらせないように注意が必要です。

大人でも大きいなあと感じるぐらいのサイズ感です。

チョコボールアップで
チョコボールアップで

ひとくちで食べると、くちどけのよいチョコで口の中がいっぱいになって幸せな気分になります。

中はチョコクリーム

半分に切ってみました。

外側は厚み4mmほどのチョコレートです。

中は口どけのよいチョコクリーム
中は口どけのよいチョコクリーム

切るときに手応えがあって、割れてしまいそうでしたが、意外としっかりした厚みがあったので、大丈夫でした。

中にはガナッシュがたっぷりと入っていました。

外側のチョコがかためなのとは対照的に柔らかくクリーミーでとろけます。

グリコのホーバルより柔らかいです。

香ばしさありのチョコ

ハイカカオとか原産地にこだわったチョコだと、そのカカオ豆の独特の味が強調されがちです。

酸味と苦味はおさえめで、香ばしさとたっぷりの甘みを感じられます。

少しコゲたような香ばしさがキャラメルのようでもあります。

よくあるハイカカオは甘くないものも多くいですが、よくあるハイカカオの類ではありませんでした。

原産国はイタリア

スイスのチョコメーカーなのですけれどね。イタリアでした。

輸入者は六甲バター株式会社です。

エネルギー量について

不明です。
5個入り60g入り

価格について

税込477円

リンツは海外のチョコでも手軽なお値段でおいしいので、気に入っています。

AD