『ロッテ』の大人のミルクチョコ味「ガーナ生チョコレート芳醇ミルク」食べた

『ロッテ』の「ガーナ生チョコレート芳醇ミルク」冬季限定 チョコレート

冬季限定のガーナの生チョコです。真っ赤なパッケージにゴールドのGhanaの文字がいかにもガーナです。冬季限定ということで、背景にゴールドの雪の結晶が入っています。もちろん個包装、こちらはシンプルなデザインです。

『ロッテ』の「ガーナ生チョコレート芳醇ミルク」冬季限定

『ロッテ』の「ガーナ生チョコレート芳醇ミルク」冬季限定


同時期に発売の芳醇カカオ味の方もすでに食べたのですが、別の機会の記事にします。
『ロッテ』の「ガーナ生チョコレート芳醇ミルク」やっぱり個包装

『ロッテ』の「ガーナ生チョコレート芳醇ミルク」やっぱり個包装

高級感ありの粒チョコ

丸いドーム型のチョコですが、シンプルながらも丸くデザインが入っています。地元のちょっとしたショコラティエのアソートの箱の中に入っていても気づかない程度にデザインされています。
海外とか有名どころとはちょっと違うけど、まあまあな感じです。

『ロッテ』の「ガーナ生チョコレート芳醇ミルク」まるっこいデザイン

『ロッテ』の「ガーナ生チョコレート芳醇ミルク」まるっこいデザイン


表面はつやつやしていて、生チョコではありません。ふつうのチョコレートでコーティングされています。

茶色ですが、ミルクチョコの色です。濃い茶ではなく、ミルクチョコっぽい少し明るめの茶色です。

大きさは直径2cmほど、ひとくちでも食べられちゃいそうな大きさです。

くちどけの良いチョコ

北海道はすでに最高気温15℃以下で、涼しい部屋においておけば、23℃以下は簡単にクリアできてしまいます。ストーブを点けたときは要注意です。

『ロッテ』の「ガーナ生チョコレート芳醇ミルク」中は生チョコ

『ロッテ』の「ガーナ生チョコレート芳醇ミルク」中は生チョコ


チョコレートは、タブレット系のものはたいてい28℃以下で保存。ロイズの生チョコは10℃以下で保存。常温でも保存できるっものですが、チョコレートよりも低めの温度設定です。

口の中に入れると、外側のチョコレートは少し固めです。そして、コーティングのチョコレートはかためです。
ちょっと噛んでみると、中から柔らかめのチョコレートがでてきて、あっというまに口の中に広がります。

コクのあるミルク味

芳醇ミルクと言っているだけあって、ミルクチョコの味ではありますが、ふつうのミルクチョコよりも、ミルク味は強くありません。

ミルクのコクは残してあるけれど、洋酒の苦みが効いていて、ちょっと大人の味です。苦みがあり、甘みはあまり感じません。

芳醇な味がするにもかかわらず、後味がすっきりしています。おいしかったです。

『ロッテ』の「ガーナ生チョコレート芳醇ミルク」個包装はシンプル

『ロッテ』の「ガーナ生チョコレート芳醇ミルク」個包装はシンプル

エネルギー量について

1粒8gあたり41kcal
8個入っていたので、全部食べると、328kcalです。

価格について

税込210円