『不二家』の利きチョコ「ルック4チョコレートコレクション」食べた

投稿者: | 2017-10-09

ルックチョコレートと言えば、ペコちゃんの顔のついたミルキーチョコかフルーツ味のア・ラ・モードが思い浮かびます。
そのほかに期間限定で季節の食材を使ったクリームを入れたものも発売されています。

ルックチョコレートは、何かしら味のついたクリーム入りのチョコという印象が強かったのですが、最近のカカオの食物繊維やポリフェノールの効果によりハイカカオが注目されるようになり、ついにルックチョコレートもカカオに注目したチョコを発売しました。

利きチョコ

4種類の味の違うカカオが入っています。それぞれ3粒ずつ入っています。色々な味のチョコを入れて味の違いを愉しむという趣旨で作られています。

『不二家』の「ルック4チョコレートコレクション」4種類のハイカカオ

『不二家』の「ルック4チョコレートコレクション」4種類のハイカカオ


ハイカカオのはやりにより、豆による酸味や苦み、香りの違いを生かした味つけのチョコが増えてきています。
中にクリームやガナッシュの入ったものよりも、チョコそのものの味が好きなので、この傾向は大歓迎です。

今回のルック4チョコレートコレクションには、名前のとおり4種類のチョコが入っています。

『不二家』の「ルック4チョコレートコレクション」チョコの柄により味が違う

『不二家』の「ルック4チョコレートコレクション」チョコの柄により味が違う


ミルク、ビター、ダーク、ハイカカオです。写真でみると、チョコの色の違いがよくわかります。カカオ分が高くなるにつれ黒っぽいチョコになります。

それぞれの味の特徴は、不二家のルックチョコのwebページに書かれています。

『不二家』の「ルック4チョコレートコレクション」味の説明

『不二家』の「ルック4チョコレートコレクション」味の説明

ミルクcacao27%

カカオの苦みはほとんどありません。ミルクの味が強めで甘くてマイルドな味です。ミルクと言ってもただのミルクではありません。いつものルックチョコレートのミルクチョコの味よりは、カカオ濃いめです。

ビターcacao40%

ビターチョコもものによっては苦みが強かったり、カカオのクセが強くでていて食べずらいものもあります。ふつうビターというとミルクが入らないものをいうことが多いのですが、このビターにはミルクが入っています。

ミルクよりもカカオ分が多いですが、ミルクも入っているので、ふつうのビターあ味のチョコよりも食べやすい味です。

『不二家』の「ルック4チョコレートコレクション」カカオ分について色も違う

『不二家』の「ルック4チョコレートコレクション」カカオ分について色も違う

ダークcacao55%

4種類の中で一番、クセの強い味がします。アロマの香りがついているようで、好き嫌いが分かれると思います。アロマの香りが酸味のようにも感じて、フルーティさがあります。カカオ分が濃い分、クドさのように口の中に広がります。

ハイカカオ70%

ハイカカオといっても70%です。他社の製品では90%などというものもある中、カカオ率低めのハイカカオです。
カカオ低めのわりに、苦みと香ばしさが強く、濃厚なカカオ味、これぞハイカカオという味がしました。

甘みがついていて、食べずらい味ではありませんが、味が濃いので、たくさんは食べられません。

『不二家』の「ルック4チョコレートコレクション」中には何も入っていない

『不二家』の「ルック4チョコレートコレクション」中には何も入っていない

まとめ

ハイカカオは最近やっと抵抗なく食べられるようになったのですが、やはりミルクチョコかビターチョコぐらいが、おいしく食べられます。

ハイカカオは、もうちょっと食べやすい味になると、いいのですが、マイルドなアロマやフルーツの香りをつけても、濃厚カカオ味に負けないものとなると、選択が難しそうです。

エネルギー量について

1箱12粒52gあたり
304kcal

価格について

税込119円