『ブルボン』の大量ラムレーズン「レーズンラッシュ<ホワイト>」食べた

チョコレート

バレンタインも過ぎ去って、すっかりアクセス数も減りました。

普段はチョコに興味がない人でも興味をもつきっかけになっているバレンタインってすごいなあと思います。

私は一年中チョコに目がないのですが。

バレンタイン期間中もコンビニやスーパーのお菓子売り場をうろうろしていました。

あればあるだけ食べてしまうので、在庫を増やさないように気をつけながら、でも今買わないと、売り切れてなくなっちゃうかもという焦りに負けず、控えていました。

前置きが長くなりましたが、その中でも買わずにいられなかったものが、こちら、ラムレーズンというだけで気になって買ってしまいました。

このシリーズの味は3種類です。

・レーズンラッシュ<ホワイト>
・アーモンドラッシュ<カカオ70>
・アーモンドラッシュ<ミルク>

ラムレーズンが好きなので、迷わずラムレーズン。というかラムレーズンしか目に入っていませんでした。

同じデザインのパッケージ

箱を開けると、たいてい、銀紙とかアルミとかそんな感じのものでパックされていて、こちらもアルミに近い素材の袋に入っています。

そしてすごいことにその袋のデザインが箱とほぼ一緒。

箱もパッケージも同じデザイン
箱もパッケージも同じデザイン

中から同じものがでてきます。

二重包装、する必要ないんじゃないかな。袋のまま売ればいいんじゃないかなと思ってしまいました。そうすれば20円ぐらい安くなる(?)

大量ラムレーズンラッシュ

パッケージは横方向に裂けば切れると書いてありますが、上手く切れず、裏側の継ぎ目から裂けてしまいました。

裏面レーズンたっぷり
裏面レーズンたっぷり

そして裏面をみてワクワク。レーズン大量です。チョコじゃなくてレーズンなんじゃないかと思うぐらいレーズンの嵐。

レーズンを固めるためにホワイトチョコを流し込んだと言ってもいいぐらいです。

表面もレーズンたっぷり
表面もレーズンたっぷり

表面も大量のレーズン。厚みはそれほどないので、上からも下からもレーズンが透けて見える感じです。

断面もレーズン大量

断面はどうしようかなと迷い、レーズンがつぶれて汚くなりそうだったのでナイフでカットは却下。

断面もレーズンだらけ
断面もレーズンだらけ

手で割ってみました。

チョコはうまく割れていませんが、レーズンがキレイなまま顔を出しました。

大量に入っているのがよくわかります。

チョコがうまく割れないのは、柔らかめだからかなと思わせる感触がありました。

食べるのが楽しみになりました。

クリーミーなホワイトチョコ

なんとなくチョコは柔らかめなのかなと想像していましたが、予想どおりでした。

クリーミーで生クリームみたいなホワイトチョコです。

ホワイトチョコのクセのようなものがそぎ落とされていてマイルドなホワイトチョコ味でした。

ホワイトチョコ味が抑え目なので、ラムレーズンの芳醇さが十分に味わえます。

ラムレーズンの洋酒は強めで、後味に苦みを感じるほどです。

アルコール分1.2%なので、それほど強いものではありませんが、ご遠慮くださいの記載があります。

ホワイトチョコは甘いものが多いのですが、ラムレーズンの芳醇さが大人の味に仕上げてくれています。

お酒入りチョコはやめようと思っていたのですが、ラムレーズン味のチョコだけはやめられません。

ラムレーズンはホワイトチョコともダークチョコとも相性のよい素材ですね。

おいしかったです。

エネルギー量について

1枚60gあたり304kcal

サイズが大きめということもあり、カロリー高めです。

レーズンと洋酒もカロリーを高くしている理由かもしれません。

価格について

税込210円