『アサヒフード&ヘルス』の「フルーツセゾンバナナとショコラ」食べた

パッケージ チョコレート
『アサヒフーど&ヘルス』の「フルーツセゾンバナナとショコラ」パッケージ

今日のお菓子は『アサヒフード&ヘルス』の

「フルーツセゾンバナナとショコラ」です。

先日セゾンファクトリーのバナナチョコを食べてから、

バナナとチョコの文字の組み合わせをみかけると気になってしまいます。

バナナの黄色

バナナをイメージした黄色のパッケージです。

春らしく明るい色です。

バナナとはあまり関係ありませんが。

パッケージ

『アサヒフーど&ヘルス』の「フルーツセゾンバナナとショコラ」パッケージ

茶色いチョコボール

パッケージは黄色ですが、中のチョコは茶色でした。

大きさは統一されていなく、そして球の形もいびつなものなどがありました。

だいたい1cmぐらいのつぶです。思ったよりも小さかったです。

茶色チョコボール

『アサヒフーど&ヘルス』の「フルーツセゾンバナナとショコラ」茶色チョコボール

キャラメル仕立て

どこがキャラメルなのかというと、一番外側のパウダーのことでした。

キャラメル味はそれほど濃くありませんでした。

その次がホワイトチョココーティングです。

チョコバナナのチョコは、カカオマスの入った苦みや香ばしさのある味の方が好きです。

中のバナナはゼリー

ゼリーでした。グミのような固めのゼリーです。

グミと言ってもいいかもしれません。

バナナ果汁3.2%なのですが、加工したバナナと生では味が違います。

それでも果汁バナナを使っているだけあってバナナの味はしました。

お菓子の場合、生といっても乾燥バナナが多いですが、

それでもゼリーなどに加工したものとは味は違いますよね。

生とかドライバナナに比べるとクセがなく

まろやかで味がうすくなっているように感じてしまいます。

断面図

『アサヒフーど&ヘルス』の「フルーツセゾンバナナとショコラ」断面図

つぶが小さい分、数が多く入っています。

それでも15個ぐらいでしょうか。

あっという間に食べ終わってしまいます。

最近、高カカオがはやっているせいか、

ホワイトチョコだと甘すぎると感じ、

また物足りなさを感じてしまいます。

この「バナナとショコラ」

高カカオの苦くクセのあるビターチョコだったりすると

よりおいしくなりそう。

チョコレート菓子でした。

エネルギー量について

1袋35g当たり166kcal

価格について

100円ぐらい